エンジニアの通り道

エンジニアから見た、世の中のあれこれ。
<< 【覚書】 販売促進についてひとこと、ふたこと4 | main |

テレビ番組への広報PR

テレビ番組への広報PRは、新聞・雑誌とは異なるノウハウが必要です。

テレビPRのノウハウを
追加で3つほどご紹介したいと思います。

1、テレビ番組の報道分析手法

テレビ番組にアプローチする場合、番組宛ではなく、
「番組のコーナー宛」もしくは「担当ディレクター(個人名)宛」に
プレスリリースを送る必要があります。

では番組のコーナーや担当ディレクターの具体的情報は
どうやって調べたらいいのでしょうか。

一番良いのは、アプローチする番組を複数回視聴して、
どんなコーナーがあるのかを直接確かめる方法です。
番組最後のエンドロールを見れば、ディレクターの個人名も収集できます。

そこまで時間をかけられない場合には、まずWikipediaで番組内容を調べてみましょう。
番組の公式ホームページよりWikipediaの情報が詳しいことも多々あり、
かなり役ににたちます。

2、制作会社、リサーチ会社にアプローチする。

テレビ番組に自社の情報を取り上げて欲しい場合、
テレビ局に直接ではなく、テレビの制作会社経由で売り込む方法があります。

制作会社は通常、複数の番組の制作にたずさわっているので、
1社の制作会社に情報を持ち込むことで、複数の番組へアプローチできるという
メリットがあります。

制作会社の調べ方はインターネットで「テレビ 制作会社」と検索すればOKです。
こんな風に制作会社を一覧表にまとめているサイトもあります。
http://www.tv-exm.net/intro/index.php

3、番組側から取材依頼がくるように仕向ける。

テレビの制作者(ディレクターやプロデューサー)たちは番組を制作する際、
WEBや新聞、雑誌で流行っていることを番組にする傾向があります。
つまり、テレビのネタ元はWEBや新聞、雑誌なのです。

ですから、テレビから取材されたければ、急がば回れで、
まずはそれ以外の媒体で多くマスコミ露出をして、
テレビ側から取材依頼がくるように仕向けるのも有効な手です。

テレビ関係者が番組作りの参考にしているのは、新聞だと全国紙だけでなく、
『日経MJ』『産経新聞』『日刊工業新聞』といったちょっとマイナーな媒体や
雑誌ではニッチな専門誌だったりします。

紙媒体の記事露出が難しければ、ブログやFacebookで
自社のユニークな情報を発信するのもいいでしょう。
番組制作の情報を収集するリサーチャーは、ネットで関連情報を調べることが多いからです

FC2 Blog Ranking

ひとこと | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.engineerwalker.com/trackback/1190537
この記事に対するトラックバック