エンジニアの通り道

エンジニアから見た、世の中のあれこれ。
<< 今日のnano - 2010/10/12 | main | 今日のnano - 2010/10/14 >>

【ひとこと】一命の格差

「チリ落盤事故で33人全員が無事に救出」
 【サンホセ鉱山(チリ)時事】チリ北部コピアポ近郊のサンホセ鉱山に作業員が閉じ込められた落盤事故で、12日に開始された救出作業は13日夜(日本時間14日午前)、最後の33人目の作業員、ルイス・ウルスアさんが地上に引き上げられ、完了した。(時事通信)
とてもよいニュースだと思う。でも、視点をちょっと変えてみると。。。

この33人を助けるために使った情熱やお金を
例えば、戦争している地域や貧困に苦しんでいる地域に使ったらどうなるだろうか?と思いました。

間違いなく33人以上の命を救うことができるでしょう。

(別視点を提案しているだけで、助けなくてもよかったなんて決して思っていません。)

最近話題の本の「これからの「正義」の話をしよう」でも似たようなテーマのことが書かれていた。
「どちらが正しいのか?」と考えても答えはでないと思うけど、何が違うのか?についてはよく考えてもよいと思う。

違いは関心があるか?ないか?だけ。

今回の「チリ落盤事故」は世界中が関心していた。だからみんな助けることができた。
逆に、関心されていない地域は毎日多くの人が亡くなっていってもそのまま時が過ぎていく。


無関心は怖いなぁと思います。

FC2 Blog Ranking

ひとこと | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.engineerwalker.com/trackback/1190479
この記事に対するトラックバック